花巻東の千葉くんが絶賛炎上中ですが、それについて

ベスト4花巻東の2番千葉くん。
以下にも2番セカンドが似合いそうな、小柄な選手である。
ちなみに、セカンドではなくセンターである。

彼のプレーが色々と物議を醸している。

一つは鳴門戦で注意された、サイン盗み疑惑について。
そして、それがきっかけで炎上してしまったのが、ファウル狙いのカットである。

最初は皆、カット技術(バットコントロール)が凄い、そしてスピードのある選手で、粘りがあって、相手に嫌がられる選手として、絶賛の様子だったように思う。

でも、準々決勝鳴門戦で二塁ランナーとしてサインを盗んでいるのではないか?と主審に注意されてから、とにかく叩かれている。

ネットでは、『爽やかであるべき高校生らしくない』『汚い野球』と罵られている。
主に千葉くんを攻撃する声が多いように思うけど、監督や部長、花巻東、はては岩手県までを罵る声もある。

決勝をかけた準決勝の試合前には、審判から『あれ(カット打法)、今度やったらアウトにすることもあるから』とか言われ、結果、ベスト4という成績でグラウンドを去っていった。


これについて思うこと。


まず、サイン盗み疑惑の件。

これは真相がわからないので、なんとも言えない。
が、あまりにあからさますぎて、逆にシロじゃないかと思ったりしてる。
いや、わからないけど。
本当にサインやコースをバッターに指示したいんだったら、あんまりあからさまにやるリスクを取るとは思えない。
なので、あれは陽動作戦じゃなかろうか?とか思ったりする。

まあ、言いたいことの中心はこの話じゃないので、次。

カット打法について。

これは、なぜ非難されるのか正直わからない。
素人の野球人として、カットって正直難しい。
『臭い球カットなー』って言われても、正直狙ってファウルを取るのって結構難しくて、
大体は中途半端なスイングになって空振りするのがオチなわけで、あれは相当な技術であると言える。

そもそも、あれをアウトにするよ、って言う審判は素人だと思うけど、仮にそういうジャッジがあるとして、なぜ世間が騒ぎ出したタイミング(準決勝直前)でそれを注意するのかが謎である。
注意するならば、遅くとも初戦の彦根東戦後か、打席が終わりイニングまたぎのタイミングか。
普通ならば、オンプレーでアウトのジャッジをしておくべきだった。

強豪私立に立ち向かう公立校、というのは甲子園の様式美的なところがあって、まさにその鳴門戦で千葉くんへの風向きが変わったのだけど、それが突然全速力で、それも準決勝なんてタイミングで襲ってきたわけで、それは高校生にはあまりにも辛い状況だっただろうと思う。


さて。
なんか長くなってきたし、そろそろおうちに帰りたい(まだ会社w)ので、ちょっと端折るけれど、僕が本当に言いたいことはこういうことだ。


1)世論に流される形でジャッジの基準を変えた審判、それから、そこにちょっと背中を押したであろう高野連。彼らは大人として恥ずかしい。

2)とぼけた受け応えで火に油を注いだ花巻東の監督と部長。彼らはなぜ千葉くんを守れなかったのか。指導者であり、大人でもあるのに、教え子を守れないのは恥ずかしい。

3)ネット上で千葉くんを叩いている人たち。彼らの正体はわからないけど、急に手のひらを返したようにティーンエイジャーをいじめるなんて、恥ずかしい。いじめ、かっこわるい。


仮にサインを盗んで打者に通していたのであれば、それは当然ルール違反だ。
(まあ、目立たないレベルでみんなやってそうだけどw)
しかし、監督なりコーチなりの指導者が、『そんなみっともないことするな!』と指導しておくべきことであって、特に高校野球においては選手の責任にするべきではない。
彼らは、どれだけ体力や野球の技術に優れていたとしても、高校生、子供なのだ。
責められるべきは指導者である。
そして、もっと早めにその芽を摘んであげるのが、公正な審判の役割である。

あの小柄な体で甲子園のベスト4まで勝ち上がったのは誇らしいことだが、周りの大人に恵まれなかったことはかわいそうに思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック