なぜ巨人の補強では強くなれないのか

ということが、開幕2戦目のヤクルト快勝で見えたような気がした。

他チームのエース、4番をかき集めることで戦力強化、豪華ラインナップを図る巨人。
でも、どう考えてもコスパ的にはいつも失敗してるように見える。

その答えが少し見えたシーンがあった。

開幕2戦目、澤村が少しバテてきて、6回に田中浩康の2ランで1点差。
その裏の攻撃、1アウトから由伸のヒットで1アウト1塁。
そこで7番小笠原の注文通りのゲッツー。

ヤクルトファンの僕は、当然小笠原が内野ゴロゲッツーになるのを期待していたし、その期待どおりの結果になった。

小笠原と言えば日本ハムの主砲として活躍し、FAで巨人へ。
村田も谷も、遡ると落合、清原、ペタジーニ、ラミレス・・・数えきれないぐらいの各チームの主砲をFAで獲得してきて、それなりに活躍はするんだけど、それまでのすごい活躍を考えると物足りない、ということが多かった。

なぜそうなるのかな?
と思ったが、考えてみたら当然のことかもしれない。

FAで獲得するというのは、要するに一軍で安定した活躍を見せた選手達ということ。
つまり、ピークを迎えているか過ぎている、ということだ。

巨人という伝統のあるチームだからあるプレッシャーとか、そういうのじゃないんだ。多分。

ピークを超えた選手を獲得するから、数年は活躍もするけどすぐに賞味期限が切れてしまう。
でも、複数年で超高額契約するから、簡単には外せない。
なんとか使い道を探して使うんだけど、ヒッティング優先で使うから慣れない守備位置を守ることもあるし、徐々に集中力も落ちていく。
そうやってどんどんスランプになっていくんだな。

小笠原なんて本当に典型だと思うんだけど、他球団からすると怖さは少しはあるけど、それでも安牌というか、ゲッツーメーカーというか、とにかく全盛期から考えると劣化が激しい。

逆にヤクルトの強さというか、見ていて楽しいのは、この開幕2戦で活躍している選手と言えば、田中浩康、ダメ押しHRの畠山、決勝打の飯原、きっかけを作った雄平、初戦のタイムリー打った上田、堅守巧打の宮本。みんな生え抜き。

活躍しなかったときも知ってるし、ピークの時期も長く知っている。
これから活躍しそうな選手、まさに今がピークの選手。

要するに賞味期限が長いっていうことではないだろうか?
古くは古田、池山、飯田、土橋、真中だってそうだった。

長く見ているから選手たちを好きになれるし、肩入れもする。

巨人ファンはどう見ているのかな?

阿部や由伸、坂本あたりは応援しがいがあるだろう。
でも、村田とか小笠原、谷って応援してるかな?

なんとなくだけど、村田も数年すれば太田にレギュラーを奪われているかもしれない。

まあ、ヤクルトを贔屓目に見てるだけの理屈なんだけどねw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック