freenoteがなかなか使える件

Androidマーケットにfreenoteというアプリがある。
https://market.android.com/details?id=com.suishouxie.freenote

手書きのメモを残せる、というコンセプトのアプリだが、その完成度の高さに驚いた。

画像


上がアプリケーションのメイン画面。
手書きの一文字一文字をちゃんとキャラクタとして認識、保管してくれるので、一般的なドローイングツールとは違い、消しゴムで消すのではなく、ちゃんとDELキー(ソフトキー)で消すことができる。
文字認識とか頑張らずに、書いたそのままをキャラクタ化するというのが潔くてよい。

todoのチェックボックスを付けたり、絵を書いたり、色をつけたり、かなり多機能で、しかも動作は軽い。

アプリケーションのサイズも0.7MBと小さいし、当然データはsdカード保存。

ちゃんとツボを抑えている。

ウィジェットでデスクトップに貼りつけておくこともできるので、todoリストとかも役に立つ。
アラームもついている。
以下が、ウィジェットの図。サイズも複数選べる。

画像



総合評価として非常に良い。


アイデアとしては陳腐だが、完成度の高さに何よりびっくり。
そして、中国の人が作ったとのことだったので、尚更。
日本のソフト品質ともう変わらないものを、単独で作っているということだ。

donationアプリのようだが、この品質でフリーで出てくるのだから、androidユーザには嬉しい限り。

今、androidマーケットでの有料アプリは売れていない状況、8割がDL数100以下という現実がある。

先日、このブログでも書いた(アプリケーションの価値)のだが、アプリケーションエンジニアは、どのようにやっていくのかを考える分岐点にある。
と、こういう神アプリに触れる度にそう思うな。


ちなみに、インストール前にちゃんとセキュリティソフトをONにして、ダウンロードしましたが。cnなので念のためw

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック