Androidはこの先どうだ?

Androidがシェアを大きく伸ばし、トータルではiPhoneを逆転。

ここまではもう1年前から予想済み。

予想していた根拠は、
Appleの傲慢(自由度の抑制⇒アプリマーケットの仕組み、開発環境。これ使え!という態度など。あとCMw)
SoftBankの電波の問題

それに反してAndroidはというと
オープンソースでメーカーの自由参入が可能(デバイス等も自由)
開発環境はJavaで敷居が低く、マーケットの仕組みも自由度が高い(アプリ審査もない)
キャリア選択の自由
などから考えて、爆発的に人口が増えることは間違いない

と。まあ、後出しじゃんけんですが。


つーことでオイラはずっとAndroid信者。
つか、そもそも昔からアンチApple。
(iPod Shuffleは持っているが、これはもらいもの。結構重宝しちゃってるけどww)

でも、iPhoneと比べたときに感じるのは、一般ユーザにとってはちょっとハードル高い、ということ。
iPhoneは自由度を抑制することで、ユーザにとってのわかりやすさをすごく大事にしている。

Android搭載機はメーカー出荷時の状態では全くダメダメ。
ようするにカスタマイズしてナンボの世界。
docomoだったらSPモードのメーラすらプレインストールされてないし、購入時のホームはモッサいし。

基本的に自由度が高すぎてやることがありすぎる。

もちろんオイラの場合は、その自由度を求めてるので苦にならないどころか楽しいんだけど、普段パソコンに触らないような人とかには辛いんじゃないかなあ。。。

今、スマホブームで、ガラケーからの買い替えがかなり進んでいる状態だけど、カスタマイズとかができない人はむしろストレスが増えるだけになっちゃうような。

Androidがこの先もっと普及していくためには、もっと簡単に、直感的に使えるUIを工夫していく必要がある。

それに、メーカーがもっとガラケーライクなAndroid搭載機を用意していってもいいのかもしれない。
(それはオサイフとかワンセグみたいなガラケー特有機能のことを言っているわけではない。)

どれぐらいユーザが習熟していくかは結局ユーザがどれぐらい増えるかによる。
よいマーケット/アプリケーションがどれだけ増えていくかも同じ。

何の話にしても、ユーザ数の増加がどうしても必要。
人が集まるところに企業もアプリデベロッパもユーザも集まる。

そのために、キャリア、メーカー、ソフトデベロッパがそれぞれ本当に使いやすいもの、を追求し続ける必要がある。

まあ、何が言いたいのかがわからなくなってきたのでこのへんで。

一言でまとめると、Android大好き!ということでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック